ライフスタイル

BCAAのロイシンで筋トレを効率的に|筋トレはプロテインマップ

どうも!むたです!

今回はBCAAが筋肉をつくる起爆剤になるというお話です!

BCAAとは

いきなりですが、あなたはBCAAというものを知ってますか?

知らない人も、知っているけど詳しくは知らない人もいると思います!

簡単に、説明すると

BCAAとは、筋肉の増強に大きく関わるアミノ酸です!

Branched Chain Amino Acids

の略で
日本語では分岐鎖アミノ酸と呼ばれます!

「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」の3つの必須アミノ酸
このBCAAにあたります。

BCAA

Branched Chain Amino Acids
筋肉の増強に大きく関わる
必須アミノ酸でいうと
「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」
のことを指す

BCAAの働き

BCAAの特徴として、他のアミノ酸に比べて筋肉の合成を促す働きが高いことが挙げられます!
また筋肉の分解を抑える作用もあると言われています!

BCAAって一石二鳥・・・

なかでも、ロイシンが重要な役割を果すことがわかっています。

BCAAが不足すると

BCAAの中でも、重要な役割をもっているロイシン
ロイシンの摂取量が少ない高齢者は、筋肉の量も減少傾向にあると調査でわかっています。

ロイシンを多く含む食べ物

ロイシンを多く含む食材として
牛肉や卵、白身魚が挙げられます!

具体的には

ほっけ、クロマグロ、カツオ、鶏むね肉、高野豆腐

などがあります!

これらを食生活に取り入れることにより
筋肉を合成するスイッチがオンになり、より集中的に筋肉をつけることができるようになります!

ロイシンを多く含む食材

ほっけ(1食分120gに2000mg)
クロマグロ(1食分100gに2000mg)
カツオ(1食分100gに1800mg)
鶏むね肉(1食分100gに1800mg)
高野豆腐(1食分40gに1800mg)

ロイシンの働き

なぜ、ロイシンがすごいかというと

筋肉細胞内の遺伝子に

筋肉を合成するように司令を与える物質「エムトール」

活性化する働きがあるからです!

運動時に、ロイシンを多く含むたんぱく質をとると
エムトールが活性化され
より多くの筋肉が合成されることになるので
筋肉を集中的につけたい方にはおすすめです!

「ホエイプロテイン」「カゼイプロテイン」「ミルクプロテイン」
というようなロイシンを多く含むプロテインを運動時に摂ると
効率よく筋肉をつけることができます!

カフェテインというプロテインもおすすめ!

スムージーより低糖質、プロテインより低カロリー
あわせて読みたい
【カフェテイン】今こそ筋トレ×プロテインを女性におすすめする理由筋トレがブームのここ日本。 今こそ、筋トレとプロテインで理想のカラダ作りを! 特に今回は、女性にフォーカスしたプロテインを紹...

まとめ:BCAAを理解したら摂取しよう

ここまで、BCAAをについてお話しました!
筋肉の合成に欠かせない成分(アミノ酸)であることがわかりましたね!

ぜひ、力強い体を手に入れるために
生活の中に取り入れてみてください!

筋トレ中の方はもちろん、これから体を鍛えていきたいという方にもおすすめです!

むたは小学3年生のときに、BCAAで腹筋が割れました!
小学生で腹筋が割れていると珍しがられてあだ名が一瞬腹筋になったくらいです!

そのくらい即効性が人によってはあるものなので、ぜひ試してみてください!

それでは!

P.S.次回は、サルコペニアについて話します!運動不足で筋肉が減少すると様々な病気のリスクが増えるよという話です!そうならないためにも、プロテイン飲んで運動しましょう!

P.P.S.むたの飲んでいるプロテインにもBCAA入っています!

あわせて読みたい
プロテイン×筋トレ:ANOMAの実際の効果と感想は!?どうも! 最近は、自分を律することがテーマで、筋トレにもハマっている むたです! 今日は、ANOMAのプロテインが自宅に届いた...